すっぴんめがね日記

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
今年のことは今年のうちに書きたい
12月2日(火)は娘の授業参観、12月4日(木)は息子の授業参観でした。

年に何回かある授業参観日。
そのうち一回はこうして、上学年と下学年をわけての授業参観日。
兄弟で小学校に在籍していると、ひとりの子をじっくりみてあげられないからだそうですが;;;;
正直、やめてほしい!!!!!

仕事、週に2日間休むのはキツイですーーーー!!!!!

ま。確かに、授業もクラス懇談会も半分づつしか出られなくて困ることもあるんだけど
せめて一日にまとめて、午前午後とかにわけてほしいわーー


6年生の娘の授業では、自学(自主学習)について。
そして懇談会では中学入学に対しての子供たちの意識調査の結果をみせてもらいました。

「中学校でがんばりたいこと」「中学校で入りたい部活」などなど
いろんなところで、アンケート結果の最後に「チア・・・1人」ってwww
明らかに娘w

と思っていたら、先生に「あ。これは○○ちゃんですねw」って私に視線むけられました


2年生の息子の授業はパソコンを使った国語の授業。
今はすごいねー、2人に一台のパソコンで、先生がなにかパソコンをいじると
こどもたちのパソコンにも絵が出てきたりとか・・・・

懇談会はちょっとまじめ。。
親子関係をもう一度見直してみましょうみたいな、テーマでした。

息子の学年で、いじめとは違うみたいだけど
お友達どおしうまくいかなくて、ちょっといざこざがあったみたい。
家庭の教育方針はそれぞれだけど、それが本当にちゃんとこどもに伝わっているか
それが本当に正しいのか、もう一度みなおしてほしいって。

言いたいことをはっきりいえることは大切なことだけど
はっきりいうこと、はっきりいいすぎてしまうことで
相手を深く傷つけることがあるっていうことも、教えていかなくちゃならないって。

それと、最近近くてあった一家心中。
先生の教え子の家庭だったらしく、ショックを受けていて
力になれないのかもしれないけど、心のおもりが重過ぎて
心が破れてしまわないうちに、話してくださいって言ってた。

悩んでいるときって、自分でしか解決できないことでも
人に話すことで少し気持ち、ラクになることあるもんね。
話せないことだとしても、つらいよ、ってことばにだすことで
ちょっと心の緊張をゆるめることができたりもするもんね。


こどもたちにとっての私の立場も
そのくらいのスタンスでいたいなー。

子供たちがこれから抱えるであろう、友達や恋人や仕事や家庭の問題。
ちょっと人生の先輩な、親の私の手で解決するのは、もしかしたら簡単かもしれないけど
子供たちには自分の頭で考えて、悩んで、乗り越えていってほしい。
私は、そのときになんでも話せる立場にいたい
こどもたちの癒しの場でありたいし
こどもたちが、ママと一緒にいると一休みできたって思えるような
そんな存在でいたいなーって思います。
こども。 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nora-uraraka.jugem.jp/trackback/323
<< NEW | TOP | OLD>>